短小ペニス(粗チン)を改善|短小を大きくするためには?


短小(粗チン)とはいわゆる粗末なチンコの略称で、男性にとっては大きなコンプレックスとなるものです。

 

ペニスが小さければ見た目に悪いですし、銭湯やプールなど裸になる場面であれば自分に自信を無くすことにもつながります。
もちろん、ペニスが小さいから絶対にSEXが出来ないなどというわけではありませんが、パートナーである女性の快感をうまく引き出せないことが必然的に多くなるので注意が必要です。

では、粗チンとは具体的にどの程度の大きさのチンコのことを指しているのでしょうか?

 

日本人は外国人に比べて性器のサイズが小さい傾向にあるのは致し方ありません。

 

その中で、ペニスの長さが13センチ以下であれば、粗チンだといわれてしまう可能性があります。

 

日本人のペニスの長さの平均は13センチ程度、この長さよりもペニスが小さいという人は気を付けていきましょう。

 

 


小さいペニスをコンプレックスに感じている人も中にはいるでしょうが、そのサイズが極端に小さい場合には専門的な治療を受ける必要も出てきます。

 

専門のクリニックで治療を行う他、自分でできるトレーニングサプリメントを用いるなどして症状を改善していく方法もあります。
[blogcard url="http://www.ota-sougou-byouin-kawasaki.com/chintore.html"]
[blogcard url="http://www.ota-sougou-byouin-kawasaki.com/"]
ここでは、自分のチンコの状況から見極めていきましょう。

 

ちんこの平均的な長さはどれぐらい?


そもそも、日本男性の平均的なペニスの長さはどの程度なのでしょうか?

 

それぞれの調査によって正確な数字は異なってきますが、ほとんどのデータによると
その平均は12~13cmとされています。

 

このサイズはペニスが勃起した状態で計測していくものなので、まずは自分のペニスがこの大きさを超えているのかどうかそこからチェックしていくといいでしょう。

実際に、ペニスの長さをチェックする場合、軽くペニスを勃起させた状態で竿部分を地面と平行にしていきます。

 

その状態で物差しなどを用いてペニスの根元部分から先までの長さを計測していきます。
素人が行う作業なのでそこまで正確な数字が出てこないこともありますが、大まかなサイズをチェックするだけであればこれで十分です。

 


もしも日本男性で長さが5cm以下という人は注意が必要です。

 

このサイズのペニスは「マイクロペニス」と呼ばれ、「粗チン」に分類されます。

 

マイクロペニスは性機能疾患として扱われるもので、医療機関では保険適用の範囲内で治療を受けることが出来ます。
つまり、病的なまでにペニスが小さいということです。

先に挙げたようにペニスが小さいからといってSEXが出来ないのかと言われればそうではありません。


それによって快感が得られにくい状況になることはあります。

 

実際、マイクロペニスが原因でSEXで快感が得られず、EDを発症するケースも挙げられます。
すでにパートナーがいる人はもちろんですが、そうでない人も、性生活において支障がかなり大きくなってくるので早め早めの治療が大切になっていきます。

 


医療機関ではテストステロンという男性ホルモンを投与する治療や、物理的に竿部分を長くしていく手術が用いられることになります。


健康保険が適用されるというのであれば費用面での負担も軽減されますし、敷居は幾分低くなっていくのではないでしょうか?

 

短小チンコ(粗チン)を治療する場合

 

短小チンコ(粗チン)を治療する場合、先にも挙げたようにテストステロンという男性ホルモンを投与して勃起力を促していく方法が用いられます。

 

粗チンは体質的な問題の他、ストレスや血行不良、加齢などの複数の原因で引き起こされている可能性もあります。

 

この場合、様々な要因によって男性ホルモンの分泌量が減って精力、勃起力がともに損なわれていることになるので、特に注意が必要です。

 


そこでおすすめになってくるのが男性ホルモンを投与する治療なのですが、この方法では思うように効果がえられないこともあります。

 

実際に症状が改善される場合であればいいのですが、そうでない場合には物理的な方法でペニスを大きくしていく長径術が用いられることになります。
長径術では、メスを使って切開を行う方法と、そうでない方法とがあります。

 

メスを使うと傷口が残りますが、その分確実にペニス部分の靭帯を切って引き延ばすことが出来るので効果は高くなります。

 

メスを使わない手術であれば糸を使ってこの靭帯を固定していきます。

 

費用が切開を行わない分安く抑えられますが、糸が切れてしまうリスクもあるため、その都度自分に合った方法をチョイスしていくことが大切です。

この他、カリ部分にヒアルロン酸などの成分を注入する方法、お腹の脂肪を吸引してペニスを長くする方法などが挙げられますが、どちらの方法も向き不向きがあるのでその判断は慎重に行っていきましょう。



病院で行われる粗チン治療は、ペニスの大きさによって健康保険が適用されるのかどうかが変わっていきます。

 

先にも挙げたようにマイクロペニスのように勃起した状態でもその長さが5cm以下というのであれば問答無用で保険適用となります。

 

ただ、それ以上の大きさがあるペニスの場合、人によってはそれで十分に満足しているというケースもあるため、保険は適用されません。

 

それぞれのケースで微妙に状況は異なってくるので、まずは近場の病院で相談をしてみることからはじめていくといいでしょう。

 

粗チンより大きい5cm~10cmの場合

 

先に挙げたマイクロペニスのような粗チンよりも大きい、5cm~10cm程度のサイズであれば十分SEXは楽しめるのでは?
と思われる人もいるでしょう。

 

確かに、人によってはそのサイズでも十分だと判断できることもあります。

 

ただ、女性の中にはセックスの際に子宮口にまでペニスが届いていないと十分な快感がえられないという人もいます。

 

これは膣、子宮口の近くに性感帯があるためで、ここに刺激が加わらないと男性ばかりがSEXに満足して女性は不満ばかりが残ります。

 


女性の膣の長さには個人差がありますが、その多くは7cmから12cmほどの長さだとされています。

 

つまり、人によってはこのサイズのペニスでは十分な快感がえられないということです。

 

では、このサイズのペニスを女性がSEXで満足できるまで増大させていくためにはどうすればいいのでしょうか?

このサイズのペニスであれば、先に挙げたような手術を受けて大きくしていくのも一つの手です。

 

ただ、マイクロペニスのように治療の健康保険が適用されるというわけではないので、費用は全額自己負担になってしまいます。

 

予算にある程度余裕がある人であれば問題はありませんが、できるだけ費用を抑えたいという人には不向きとなっていきます。

 

そこでおすすめなのが地道なサプリメント服用、トレーニングを続ける方法です。

 

サプリメントで勃起力を高める成分を積極的に取り入れるようにする、たったこれだけのことでも体質改善を図ることが出来ますし、血行を促進することでペニスの大きさに変化をもたせることが出来ます。

この他、トレーニングを取り入れる方法であれば、ペニス周辺の筋肉や血管を鍛えることで着実に見た目に変化をもたせることが出来ます。

 

サプリメントでもトレーニングでも、1回試したからといってすぐに劇的な効果があらわれるというわけではありません。

 

ですが、毎日継続して続けていれば着実に何かしらの変化があらわれますし、よりお得にペニスのコンプレックスを克服できます。

 

勃起の大きさが10cm~13cm程度の場合

 

勃起した時のペニスの大きさが10cm~13cmだという人の場合、一見すると粗チンには分類されないのでは?と疑問に思われる人もいるでしょう。

 

確かに、日本人男性の平均より少し短いなという程度であれば、女性とのSEXでペニスが子宮口に届かないという事はほぼありません。

 

女性の快感を引き出すには特に問題はないはずです。

 


ただ、このサイズのペニスは女性から見れば「周りの男性よりも少し小さいな」と思われる可能性があります。

 

実際、元カレのペニスのサイズと比べられてみじめな思いをする可能性もゼロではないという事です。

 

SEXの時の快感云々というよりも、見た目の問題で男性が自信をなくしてしまうことも考えられます。

では、こうしたタイプの粗チンはどう対処していけばいいのでしょうか?

 

先にも挙げたように、クリニックで受けることが出来る手術を選択するのも一つの手ではありますが、やはり費用負担が大きいのがネックになってしまいます。

 

そこでおすすめなのがペニス増大サプリを活用する方法です。

ペニス増大サプリにはシトルリンという有効成分が豊富に含まれています。

 

この成分は体内に入ることで血管の拡張を促して血流を促進する効果があります。

 

そもそも、男性が性的興奮を覚えてペニスが勃起する時には、一時的にペニス内の血管が拡張され、そこに流れ込む血液量が多くなります。

 

この血管の変化によってペニスの太さや硬さをキープしていくわけです。

 

シトルリンの含有量が多いペニス増大サプリを活用すれば、体の中からペニスの太さ、硬さをキープしやすい状態を作り上げることができます。

粗チンの症状改善にも役立ちますし、何より続けて服用することで体全体の血行を良くしてより健康的な体を作っていくことも可能です。

 

その健康的な体作りが性欲アップ、精力アップにもつながっていくことになるので、ペニスやSEXに関して何かしらのコンプレックスを抱いているという人は参考にしていくといいでしょう。