精液(精子)を増やし射精感をよくする方法

精液(精子)を増やし射精感をよくする方法

精子の量を考えると、若い時の方がドクドクと力強い射精感があったと思います。


しかし、年齢により精液の量が減退し精子も減っていきます。

勢いよく射精できないと快感が弱くなるので、SEXの醍醐味は半減してしまうでしょう。

 

では、実際に何が精液の量を減退させているのでしょうか?

 

このページでは、精液量の減退の原因とその対策方法をご紹介し、気持ち良いセックスをするヒントをお伝えするページを書いていこうと思っています。

精液(精子)が減退している理由とは?

男性更年期障害
精液(精子)を減退している理由は、たくさんあります。

 

ここでは、精液(精子)を減らしている原因をご紹介します。

  • 食生活

最近の食生活は、ジャンクフードが多いため、精子の影響が多いようです。
また、肉食と魚食を調べると、亜鉛が多い肉の方が精子が多いことがわかっています。

 

  • 睡眠時間

睡眠時間
参考:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22643320U7A021C1000000?channel=DF140920160927&page=2
睡眠時間が少ないと、精子が酸化ストレスを受けてしまいます。
睡眠時間が7~9時間に比べると、睡眠時間3~5時間の人の方が、精液に酸化ストレスを受けていることがわかっています。

 

  • 禁欲

精子をためるために禁欲をして・・・というのは間違いです。
精嚢で新しく作られた精子は、どんどん古くなっていくのですが、その間にDNA構造が傷ついてしまいます。
また、禁欲時間が長いと、精子の運動時間が長くなるため、精子の酸化ストレスも長くなります。

 

  • 肥満

太ると、精子の量が少なくなり、異常が多くなることがわかりました。
肥満になると、精子だけではなく、健康にも悪影響があります。

 

  • 喫煙

喫煙で精子に酸化ストレスを起こすことがわかっています。
また、喫煙することで、ペニスの海綿体に血流が悪くなり、EDの原因になります。

精子の適温は35度といわれています。
そのため、精巣の温度は35度程度にしておきたいのですが、温度がこもる下着(ブリーフ)を履いていると、温度が高くなるため、精子が酸化ストレスを起こす可能性があります。
また、長風呂は避け、精子に気を使うことも心がけましょう。

 


精子の質が低下の原因は、加齢による老化がありますが、それだけが原因ではありません。



疲労やストレスを感じやすい生活習慣を続けることにより、精液の勢いや量が減少している可能性があります。



射精をパワーアップさせるためには男性ホルモンの分泌を促進する、筋力の低下を予防するなどの対策が効果的です。



射精減退の原因は一つではないことが多いので、トータル的にケアすることが重要です。



ホルモンバランスが崩れていると男性ホルモン分泌が減少し、射精に影響してくることがあります。



一般的に男性ホルモン分泌が多い男性は性欲が強いことから、精力旺盛であるほど射精感が強いと考えてよいでしょう。



逆に女性ホルモン分泌が活発な男性だと、射精感が弱くなるのは必然と言えます。



筋力の低下は中年世代から実感する方が多く、これを解消するには筋力トレーニングや良質なタンパク質の補給といった対策が必要です。

無理なダイエットをすると筋力低下を招いて、射精の勢いを弱らせるので注意してください。


精子を増やす方法


牡蠣
オナニーを頻繁にしている男性なら、その日によって精子の量が違うことを実感しているでしょう。

精液と精子は同じものと考えるかもしれませんが、正確に言えば精液とは精子・前立腺液・精嚢液の3つが混合したものです。



精子が十分に存在しても、精嚢液が少なければ射精量は少なくなり、十分な快感を得ることができません。



例えば3日間の禁欲をすれば精液がフル充電されますが、性的興奮度が低い状態だと精嚢液の分泌量が減るので快感は弱くなってしまいます。



大量に射精をするほど気持ちよさが増すので、SEXをする前にいかに興奮度を高めるかがポイントになるわけです。

 

精液を体にたくさん貯めることがポイント


義務的にSEXをしていると快感が弱くなりますが、その秘密は精液の分泌量が減ってしまうためです。

興奮を高める方法としてはオナ禁が代表的でしょうが、性生活のマンネリを解消することも重要になります。



毎回同じようなプレイをしていては、飽きてしまうのは否めません。



飽きると興奮度が減退してしまうので、十分に精液を作ることができないわけです。



こうした状態で無理に射精をすると、3日も溜めたのに明らかに量が少ないという状況に陥ってしまいます。



量を増やすためにはドキドキが必須となるため、普段からエッチなことを考える癖をつけましょう。



もちろん仕事・家事に影響してはいけませんが、周りに迷惑をかけない程度で妄想すれば問題はありません。

 

具体的には

  • 新しいアダルトグッズを使用する
  • コスチュームプレイに挑戦する
  • 定期的に風俗を利用してみる
  • 前立腺マッサージや亀頭責めなどを体験する
  • 下半身の筋肉をほぐして射精感を高める
  • 禁欲をした上でエッチな妄想をする

このように、いつもとは違う非日常的なエッチをすることで、
精力が上がり、精子がたくさん出るでしょう。


オナ禁をして精子を貯める


毎日オナニーをしていれば精子が完全に溜まることができません。

満タンにするには72時間かかると言われているので、3日間は禁欲するのが好ましいでしょう。



つまりオナニーをしないでセックスだけをする場合なら、週に2~3回が適切な回数と言えます。



回数が多くなりすぎると精液が減ってしまうので、勢いのよい射精を楽しむことができません。



頻繁にオナニーをしていると元気がなくなるのは当然のことで、毎日行なっている男性は回数を減らすことを意識してください。



3日間超を超えて禁欲することは意味がないので、3日に1回のオナニーをおすすめします。

 

 


男性ホルモンを増やすことで、精子の質をよくしてくれるので、精力剤やペニス増大サプリを飲んでみるとよいです。


[blogcard url="http://www.ota-sougou-byouin-kawasaki.com/"]

 

 

僕の場合は、ペニス増大サプリの方が精力剤の成分も入っているので、現在はペニス増大サプリを飲んでいます。

 


ちなみに、オナ禁はむやみに行えばよいものではなく、長く禁欲すると男性ホルモンが減少していきます。



男性らしさを維持するためにも定期的に射精することが大切なので、禁欲の意味を間違えないようにしてください。



最悪のケースではEDになってしまい、若くして半立ちや中折れに悩むようになります。



肝心なときに立たないのは辛いものですし、相手のいるセックスだと非常に面倒なことになります。



女性はサイズと硬さの両方を求めているので、十分な勃起力を発揮することは男性のつとめです。

 


男性ホルモンの減少は更年期障害の原因にもなるので注意してください。



更年期障害と言えば女性の症状と思うかもしれませんが、実際は男性にも発生しています。ただし男性の場合は症状がごく軽度のことが多いので、本人は気づかないケースが多いわけです。



長期の禁欲をすると男性ホルモン分泌が著しく減少する可能性があるので、そうなれば心身も不安定になって自律神経・ホルモンバランスは総じて崩れてしまうでしょう。



元気なペニスを手に入れるためには、適度なオナ禁をして精液を増やすことがポイントになります。



ドクドクとした射精感を得ることでセックスの楽しみは何倍にも高めることが可能です。


禁煙をしてよい精子を貯める



喫煙という習慣は著しく男性機能を低下させることがわかっています。

生殖機能は身体の健康状態がそのまま反映されるので、不健康を促進する習慣は性生活の敵となります。



特にタバコは百害あって一利なしであり、ニコチンの影響によって毛細血管が収縮して、血流障害を招くことになるわけです。



陰茎海綿体に血液が大量に流れ込むことが勃起の秘密なので、血流が悪くなれば十分なサイズ・硬さは得られません。



タバコにより精子の質も悪くしてしまうので、早期のうちに禁煙をおすすめします。



動脈硬化を予防するためには、血液を常にサラサラにしておく必要があります。



サラサラ生活は一日で成るものではなく、毎日の積み重ねによって実現するわけです。

 


動脈硬化は年齢を重ねるほど進行し、血管が硬くなっていく症状です。



弾力性が失われた血管はモロくなってしまい、破れるリスクが高くなります。



脳血管障害や心臓血管障害のリスクとなりますが、EDの原因にもなることが判明しています。



EDは下半身が老化によって弱くなって生じると考えている方が多いですが、正確な理由は動脈硬化の促進にあるわけです。



血液がサラサラとしていれば陰茎海綿体に流れやすくなり、必要なときに十分な勃起力が手に入ります。



タバコはストレス解消によいのでED対策になると考える方がいますが、メリットはまったくないと考えてください。

 


ペニスを元気にするには勃起力と射精感に着目する必要があり、脈打つような射精を得られているなら問題なしです。



ドクドクと放出する感覚が失われてきたら、血液がドロドロしてきている可能性があります。



皮膚が老化するように血管や血液も老化するので、加齢により生殖機能が低下していくのは必然です。



しかしその度合いが著しいと30代でセックスが難しい状態に陥るなど、性生活に大きな問題が出てきます。



ペニスを元気にして射精感を高めるためにも禁煙をし、ニコチンやタールなどの有害物質を体外に追い出してください。

 


精力サプリをとって精子を貯める



精子を貯める方法はいろいろありますが、最も気軽に実践できるのは精力サプリをとる方法でしょう。

 

ぼくのばあいは、先ほどもお伝えしたとおり、ペニス増大サプリ飲んでいます。

例えば亜鉛は昔から精液量アップによいミネラルとして人気があり、セックスミネラルと呼ばれるほどです。



厚生労働省は1日15mgの亜鉛摂取を男性に勧めていますが、この量をコンスタントにとるのは簡単ではありません。



亜鉛は食生活が乱れてしまうと、真っ先に欠乏してしまう栄養素なためです。



食べ物に好き嫌いがあると欠乏しやすいので、サプリで補給するようにしてください。



勃起力アップにも役立つため、元気がなくなってきたら亜鉛サプリを飲んでみるとよいです。



シトルリンも著名な栄養素で現在は健康食品として活用されています。



かつては医薬品の成分でしたが、副作用が弱くて安全性が高いことから健康食品として認可されたわけです。



血管の拡張サポートをしてくれる成分として有名で、アルギニンとの併用が推奨されています。



精液量アップのためには勃起力アップが前提となり、半立ちの状態では射精感が弱くなるでしょう。



フル勃起させるためには血流の勢いを強くすることが大切なので、サラサラをサポートしてくれるシトルリンが欠かせません。



ペニス増大サプリのほとんどにはシトルリンとアルギニンがWで配合されています。



サプリ選びのときはこの二大成分の配合量をチェックするのがおすすめです。



ペニスを硬い状態にするには血流促進が何より大切で、精力サプリを活用すれば2~3ヶ月くらいで変化を実感できるはずです。



サプリは医薬品とは異なりますが、体質を変えていくメリットは有しています。



体質は生活習慣により変化する部分が大きいので、よい方向に変えていくことが可能です。



規則正しい生活をすることが前提ですが、ほかにもサプリの利用をおすすめします。



硬いペニスに変化することで射精感が数倍にアップし、のけぞるような快感を得られることでしょう。



女性を満足させるためにも勃起力アップと射精量アップが鍵となります。