遅漏を治す方法?射精に関する悩み

遅漏を治す方法?射精に関する悩み
セックスの問題というと、他人には相談することができないデリケートな話です。
その中でも射精の問題は、性行為をするときに必ず出てくる問題ではないでしょうか?

 

例えば、こんな射精の問題はありませんか?

オナニーでペニスをしごいていれば射精はできるが、
コンドームをつけた状態、つけない状態で
女性の膣の中にペニスを挿入し、何度ピストン運動をしても気持ちよくならない。

 

その結果、精液を出すことができず長時間SEXの時間が過ぎてしまう。

これら遅漏であると考えても問題はないでしょう。

 

遅漏の原因は一筋縄では行かず、色々な問題が噛み合わさって行っていることが多く、それぞれの人の体質や生活習慣から答えを導き出さなければなりません。

 

もし女性のセックスパートナーがいて、性行為自体はできるのに射精ができない時も、立派な射精障害(遅漏)として成り立ちます。
この場合も出来ればカップルで遅漏の治療に取り組むことが大事です。

 

遅漏改善には男性の自覚と認識が大切になってきます。
遅漏で悩んでいる男性がいたら、最初に自分の自慰行為の習慣が間違っていないか確かめましょう。

 

男性の自慰行為が遅漏の大きな原因となっていることは多く、しごきかたを変えてみたりすることで遅漏改善できる例もあります。

遅漏の原因について


遅漏は男性不妊症と言われることも多い病気です。


セックスをする性欲はあるのにもかかわらず、女性の膣内では射精ができないのです。

 

男性が原因で妊娠ができないため、この名前で呼ばれることも多いのです。

 

ただし、実際に不妊症というわけではありません。
射精をすることが出来れば妊娠をすることが出来ます。

 

もし本当に、妊娠が出来ない場合は、女性の子宮に問題があって妊娠することができない場合や、男性のその他の原因ということになるでしょう。

 

さて、遅漏の治療の原因ですが、原因はひとそれぞれになりすぐに解決とはいきませんが、まず第一に挙げられる原因は生活習慣の不規則さです。

遅漏の原因 生活習慣の不規則

遅漏の原因として多いのは、毎日アルコールを飲む習慣があったり、アルコールを多飲して内臓の状態が思わしくない時に性行為をする場合です。
アルコールを飲むと、ペニスが感じにくくなるため不感症の原因となり、遅漏となります。

遅漏の原因 仕事のストレス

次に遅漏の原因として多いのが、仕事のストレスで体が疲れているときです。
体がつかれていると、膣の中で射精をするのが極めて困難になり遅漏状態になることが多いです。
ストレスや疲れているときは、勃起不全や中折れになる可能性もあります。

 

体がつかれることで全身の血流も悪くなるパターンが多く、ペニスの血の巡りも悪くなり、射精障害(遅漏)につながっていきます。
生活習慣と過労があるときには、なるべく仕事を頑張りすぎずアルコールを控えることで、すぐに自分の体の状態を正しい方向に持っていけるので、これらは手軽に出来る対策方法の一つでしょう。

 

遅漏の原因 オナニーのし過ぎ

この他にはオナニーのし過ぎで遅漏が引き起こされるケースがあります。
毎日オナニーをすることは健全な性欲があり健康な証拠です。
しかし、オナニーをしすぎてしまうと、ペニスに強い刺激(負担)を与えてしまいます。

 

その結果ペニスを強く握りこんでいないと、性的興奮や刺激を感じ取ることができなくなり、女性の膣の圧力では全く感じないペニスとなります。

 

オナニーが原因だと、女性の膣の中で射精できなくなる「膣内射精障害」となります。
膣内射精障害は治療に時間がかかるケースが非常に多く、まずソフトタッチでペニスをしごくという習慣と自覚を身に付けなければなりません。

 

自慰行為は、前立腺がんのリスクを下げる効果もあるので悪いことではありません。
健康体ならばオナニーは毎日やっても差し支えはありません。

 

しかし、過度な刺激をくわえてしまったり、強い刺激でオナニーをしてしまうと、「膣内射精障害」となる可能性があるので注意が必要です。

間違ったオナニー方法で遅漏になっている

間違ったオナニー方法も実は遅漏の原因で、代表的なのが皮オナニーです。
皮オナニーとは、自分のペニスの余った皮で、ペニスの亀頭をしごいて気持ち良くする方法です。
仮性包茎の方が多く行うオナニーの方法ですが、セックスとは違う刺激で精液を出しているため、実際に女の人とセックスをしても全く気持ちよくないと感じてしまい、遅漏になったり、イケなかったりします。
恋人がいながらオナニーの習慣を持ち続けている方は思い切ってオナ禁に挑戦してみるのも一つの解決策です。
なぜオナ禁が必要なのかといえば、オナニーをせずに射精をしないことによって男性ホルモンのテストステロンの値が高くなっていき男らしさが復活するからです。
この結果3日後に妻や彼女とセックスをしているといつものセックスよりも気持ちよくなり、遅漏も治ることが多くなります。
オナニーをしていない期間の間は精子を作るのを促進するために亜鉛を摂取することが大事です。

オナ禁について
オナ禁とはオナニーを禁止して、精子をためることでセックスやオナニーをより気持ちよくしようとし方法です。
ですが、オナ禁をあまり長く続けることはお勧めしません。
特に妊活をしている方の場合、体にたまっていく古い精子はどんどんDNAが傷つき悪くなってしまうため、どんどん出していった方が良いそうです。
精子を貯めておくのは最低3日間ぐらいだと思い、後はマスターベーションでもいいので、外に出してあげましょう。

精力を向上させるために亜鉛を取る方は多いですが、実は亜鉛をとれば精子が出来るのが早くなるので、無駄な体力を使わなくても精巣内が満タンになります。
精巣の中に精液が充満しているとやはり男性ホルモンの分泌が高くなり、いつでもどのタイミングでも出せます。


精力剤やペニス増大サプリを使用する



生活習慣を改善してもなかなか治らない場合には、加齢が原因で起こっていたり栄養不足が原因で遅漏を引き起こしているケースがあります。


この時にはサプリメントの力に頼ることも大切です。
精力増強剤は薬品ではなく栄養補助食品ですから、基本的に摂取すればするほど効果を高められるというさようがあるからです。
精力増強剤ならば何でも良いというわけではなく、アルギニンとシトルリンを含有しているものを選びましょう。
アルギニンとシトルリンは同時摂取すると相乗効果を出すので陰茎に対しての血流促進効果があるだけでなく、射精をしたいという気持ちになれる所謂精力剤になるからです。
ペニスを大きくするために増大サプリを飲んでいる人の副作用として性欲増進が認められたのが最初の発見であり、これらは効果があることは立証されているのです。
ただし一つだけ問題はあります。
それはサプリメントは毎日摂取し続ける生活を続けるということが鍵になってきます。
サプリは一日や二日飲んだだけでは効果を発揮することはできず、数週間から数カ月の単位で物事を考えていくことが大事になるからです。
数カ月も摂取し続けていれば性欲がみなぎってきて、ペニスを大きくすることができ、血流促進によって女性の膣の中で是非射精してみたいという感覚になれます。
効果ができた段階でセックスをすると、いつもの倍以上の気持ちよさを感じたり、今までになかったような射精感を感じられる方もいます。
精力増強剤は勃起不全や性欲減退に悩んでいる男性が使う薬だと思われていることが多いですが、実際にはそうでない方も使っており、遅漏で悩んでいる方からの支持を集めているサプリメントなのです。
ペニスを増大させるために必要なサプリメントに含まれる栄養素は、男性の性欲や血流促進に掻かせない成分が含まれていますから、こうしたサプリメントを積極的にとっていき、パートナーとの膣内射精を楽しむことにしましょう。


遅漏を改善する【まとめ】



上記に記述したように遅漏の原因は色々な原因があります。


長らくオナニーを楽しんでいた方は、毎日精液が枯渇状態になっていることが多く、結果的に女性とセックスをしたとしても全然精液が出てこなかったり、飛びが悪くなることがあります。
これは男性の老化現象とも捉えられることは多いですが、勃起不全に至るほどの高齢でない限りは、オナ禁によって解決できることが多いのです。
毎日オナニーをしたい願望はどの男性にもありますが。
あえてしない日を作ることも大切です。
特にパートナーがいる方はセックスをする日を楽しみにしてオナニーで無駄な精液を出さないようにするという自覚と決意だけで遅漏を治せることは多いので、彼女や奥さんとのセックスをいつまでも楽しみたいなら、オナニーを卒業したり、オナ禁を続けることが良いでしょう。
強い意志があれば続けていけるので、性欲に負けずに我慢し続ける事も大切です。
毎日オナニーをする習慣がない方や、一週間に1回するかしないかの頻度なのに全く膣内射精に成功できない時には、ペニス増大サプリに含まれているシトルリンとアルギニンでペニスに送られる血液の量を増やすことも大事です。
シトルリンとアルギニンがあれば陰茎に対する血流も増大していき、ペニスが大きくなるという嬉しい副作用もあるので、これらの栄養素が配合されたサプリメントの摂取を長期的に続けていって体の体質を改善していくことが望ましいです。
ペニス増大サプリは何でも良いということはなく中には全く効果がないのにもかかわらず、サプリを販売している例もあるので、有効成分のシトルリンが含まれているかは買う段階で必ずチェックしてから購入してみましょう。
遅漏は性欲の減退が引き起こしている例から、オナニーの変な性癖などで引き起こしていることもあるので、その人の生活スタイルや毎日の行動によって対策方法が変わるのが実情です。
ぜひ自分の原因は何なのかを探っていくことに決めましょう。